FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

快  空  創  研

M-SPACE つぶやきまとめブログ

07/19のツイートまとめ 

ecapsm

室内壁の炭塗布も否定はしないけれど、最低でも透湿の仕組みを確保することが肝要。性能低下でメインテナンスが必要になることを考えると、珪藻土や透湿クロスの方が経済的かも知れない。
07-19 17:28

機械やエネルギーを使わずに、湿気も匂いも化学物質も、室内から室外に「出す」仕組みが必要なのだが、壁体内に大袈裟な気密や断熱が取ってあるとアウト。
07-19 17:22

室温33℃・湿度45%、この環境だと扇風機だけで不快感は無い。湿度55%になると所作によっては辛い。体感的にも4~5℃は違って感じる。居住空間の湿度コントロールの重要さが解る。
07-19 13:49

建物や身の回りの物すべて QT @shunji_photo: 電気製品や自動車の耐用年数を延ばすことこそ、それが真のエコロジーである。 Only in the extension of the life of the appliance and the car, it is
07-19 11:19

この季節に快適性を向上させるのは「空気の流れ」と「湿度」のコントロール。冬季の「断熱性能」と「気密性」にしか目が行っていない窒息的な高気密・高断熱では、人にも家にもプラス状況はもたらさない。
07-19 09:45

暑いけれど過ごし易かった昨日の湿度は35%、蒸し暑い日本の夏を乗り切るのは湿気がポイント。住環境も全く同じ。そして空気が動けば飛躍的に改善される。古来から日本の家はこの季節に照準を当てて作られてきていた。
07-19 09:40

僕にとってのお風呂タイムは、癒しやリラクゼーションというより、リセット・リフレッシュタイムだ。毎朝のシャワーが習慣になってから特に。これが無いと一日が始まらないという感じ。
07-19 08:37

合板に製造・仕上げの方法でひとつ閃いた。化学物質の問題のクリアが必要になりそうだけど、二つの方向性で面白い展開ができそうに思う。要!詳細の検討。
07-19 05:59

年間200棟が自慢のビルダー社長は杉と檜さえ知らなかった。設計も現場も解らないハウスメーカーの営業、こういう人たちに自分の家を任せて本当に安心できるの? 見るべきところが違うのでは?
07-19 05:49

壁紙の写真はオフィスの内窓の型ガラス。今では日本では作られなくなってしまったが、「きれいなので使いたい人も必ずいるはず」と保存していた建材屋さんで見付けた。こういう姿勢の会社、少なくなってしまった。
07-19 05:39

スポンサーサイト



-- 続きを読む --
2010/07/20 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit